植物

真夏の作業には御用心|草取りをアッという間に終える方法を伝授

木を切り倒す作業

ガーデニング

木を一本丸ごと切り倒すときには、木が倒れてくる場所に細心の注意を払って伐採を行わなければなりません。適当にチェーンソーを使って切ると思わぬ方向に木が倒れてくることがあり、けがをした人がいます。最初に倒す方向に切れ込みを入れ、切れ込みを入れた反対側の方向からチェーンソーを使って切っていくと、切れ込みが入った方向に倒れるようになります。また倒れていく方向の周辺に物や人が入り込まないように、注意をしてください。倒れる方向に人がいたために、木の下敷きになった人もいます。あらかじめ伐採する木の枝をすべて切っておいてから、伐採を行うと比較的に楽に作業ができます。しかし、危険性が伴うので千葉など全国各地に存在する専門業者に依頼すると良いでしょう。

木が長くなったり、枝が広がってそのためにほかの植物等に日が当たらないなどの悪い環境が出てくると伐採を検討します。伐採は木を丸ごと切り倒すものや、途中から切り落とすものがあります。木を一本丸ごと切る場合は主にチェーンソーを使用して切り倒していきます。切り倒してしまった場合は成長点がなくなってしまいますのでその後、木が伸びるということはありません。一方途中で切ってしまう伐採の時は切ったその場所からは伸びてはいきませんが、横方向に枝が盛んに伸びることが多くなっていますので、時々剪定を行って形を整えていかなければなりません。ある程度の長さに木を伐採して、枝を剪定して形を整えている専門業者がいます。自分でやるのが難しいという人は、千葉の専門業者に依頼してもいいかもしれません。千葉の業者に依頼する場合、インターネットから業者の情報を集めることが可能です。また、インターネットでは千葉以外の都道府県で活躍する業者の情報を得ることが出来るので、積極的に活用すると良いでしょう。

Copyright© 2016 真夏の作業には御用心|草取りをアッという間に終える方法を伝授 All Rights Reserved.